大阪市で建てる理想の注文住宅ガイド » 大阪市で家を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 住宅保険

住宅保険

大阪市で注文住宅を建てる際に知っておきたい、3つの住宅保険について解説しています。

火災保険

火災保険は、家財保険や地震保険の加入の土台となる保険です。まず、火災保険に加入し、それから地震保険や家財保険を上乗せしたり、さらに保証を厚くしたりする流れが基本です。

火災保険と聞くと火事のときに頼りになる保険と考える方も多いでしょう。

実は、火災保険の範囲は「火事」だけではありません。どのようなものに対応しているか確認してみましょう。

  • 火事
  • 洪水
  • 大雪
  • ガス漏れ
  • 外部からの破壊・損害
  • 盗難
  • 近隣で起こった暴力行為による損害

これらの事前災害の被害で、家財や家の敷地、家そのものが損害・破損・破壊された場合に適用となる保険です。

契約する保険によって自然災害による家財の損害を補償するもの、家財と家の損害を補償するものなど、対象となるものが違うので確認しておくとよいでしょう。

火災保険の加入方法・必要な書類や持ち物

火災保険に加入するタイミングは家の引き渡しまでの期間です。

住宅ローンを組むタイミングで相談する方が多いため、忘れずに相談しておきましょう。

必要な書類・持ち物は、

  • 建築確認申告書
  • 建築住宅性能評価書
  • 図面
  • 仕様書
  • 確認済証
  • 検査済証
  • 全部事項証明書
  • 身分証明書
  • 引き落とし先の口座番号・銀行印またはクレジットカード

などです。

地震保険

地震保険は、火災保険の追加補償として加入することが多い保険です。

火災保険と合わせて加入することで、割引が受けられるケースも多いため、割引に必要な書類も確認しておくことが大切です。

地震保険の範囲

地震保険の補償範囲は以下のとおりです。

  • 地震
  • 噴火
  • 津波

地震に伴い起こる噴火や津波による被害も対象となります。

こちらも火災保険と同様に家財の補償と建物の補償を選んで契約できます。

地震保険加入のタイミングと必要な書類・持ち物

地震保険の加入のタイミングは、火災保険に加入するときです。

地震保険にも加入したいと申し出るだけで追加が可能ですが、保険料の割引を受けたい場合は、さらにいくつかの書類が必要になります。

  • 建築確認申告書(火災保険加入時の持ち物)
  • 建築住宅性能評価書(火災保険加入時の持ち物)
  • 身分証明書(火災保険加入時の持ち物)
  • 耐震基準適合証明書
  • 住宅耐震改修証明書

家財保険

家財保険は、火災保険や地震保険の際に紹介した「家財の補償」にあたる保険です。

建物は火災保険や地震保険で補えますが、家にある家具・家電や服やアクセサリー・ジュエリー、高級品といった家財の補償は別途加入が必要となります。

ただし、家で使っている自家用車や仕事などで使用しているデータ、ペットなどは補償の対象外となります。

ご自身の財産で買い直すことのできる内容のため、あらためて追加加入しなくてもいいのでは?と考える方もいます。

しかし、水害で家具や家電が一気に水浸しになる、火災ですべて燃えてしまうといった場合に、買い直すのはたいへんです。

もしものために加入するのが保険。保険会社とよく相談して決めることをおすすめします。

家財保険加入のタイミングと必要な書類や持ち物

家財保険に加入するタイミングは、火災保険に加入するときです。

また、必要な書類や持ち物は火災保険や地震保険に家財保険を追加する形になるため、ありません。

火災保険のメリット・デメリット

賃貸住宅に住んでいた方は、家主が加入するのが基本となっているため、知らないケースが多いです。

そのため、あらためて注文住宅を建てる際に火災保険について考えることになります。

注文住宅の場合でも、土地と家の予算を出したり、地域や家の住みやすさを考えたり、規制や制限、住宅助成金について打ち合わせを行います。

やらなければいけないことがたくさんあるため、住宅保険、とくに初めて加入する火災保険についてじっくり考える時間をとれない場合も。事前に確認しておくことが重要となります。

住宅保険のメリット

  • 保険料が一定のため負担が少ない
  • 万が一のときに慌てないで済む
  • 盗難に遭ったときに補償が受けられる(家財保険の場合)
  • 被害を受けたときに、家具家電をまるまる買い替えずに済む(家財保険の場合)
  • 地震のときの損害に対する補償が受けられる(地震保険の場合)

住宅保険のデメリット

  • 時価基準で補償など条件をつけると補償が少なくなる
  • 保険料がかかる

住宅保険(火災・地震・家財)に関する基礎知識、加入のタイミングや必要な書類については以上です。

実際に被害を受けた場合に必要となる書類や持ち物は異なります。

別途確認しておきましょう。

大阪市内に数多くの
モデルハウスを
持っている会社

「自分のイメージ通りの注文住宅を建てられるのか?」という不安を解決するためには、その会社がどのような家を建てているのかを実際に見て確かめてみるのが一番です。大阪市内にモデルハウスを多く構える会社を3社ピックアップしましたのでご参考にしてください。