大阪市で建てる理想の注文住宅ガイド » 大阪市で家を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 住宅助成金

住宅助成金

大阪市の住宅助成金について説明しています。

大阪市の補助金制度

新婚・子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度は、支給額最大50万円で、大阪市に家を建てた新婚さんや小学生以下の子どもがいる世帯を対象に、住宅ローン利子の一部を補助しますという制度です。満40歳未満の夫婦で結婚5年以内または小学生以下の子育て世帯で、前年の所得金額は1,200万円以下の方が対象になります。大阪市都市整備局住宅支援受付窓口に申込み用紙などがあります。条件をクリアすれば最長5年間で年間最大10万円、計50万円が支給されます。

申込み資格は、夫婦いずれも満40歳未満かつ結婚5年以内の新婚世帯、もしくは小学生以下の子どもがいる世帯で、初めて住宅を購入、住宅売買契約から1年以内、もしくは住宅ローンの返済がまだ開始していない方で、前年の所得金額は1200万円以下。市民税を滞納していないことも条件になります。

対象となる新築は、床面積が50m²以上で建築基準法に規定する検査済証の交付を受けている民間分譲住宅です。対象となる住宅ローンは、返済期間が10年以上で融資利率が年0.1%以上で、対象になる金融機関(から住宅ローンの融資を受けていることが条件です。

申し込みに必要な書類

  • 住民票
  • 住民税課税証明書
  • 前年度住民税納税証明書
  • 不動産売買契約書
  • 検査済証
  • 融資申込書
  • 新築購入前の住所確認書類
  • 通帳と印鑑

たくさんあるようですが、自分で準備しなければならないのは役所で入手できる住民票・課税証明書・納税証明書で、あとは不動産業者や金融機関で出される書類です。

国土交通省の補助金制度

すまい給付金

支給額最大50万円です。条件は年収510万円以下(消費税率8%時)、年収775万円以下(消費税率10%時)住宅取得1年以内です。このほかにも住宅ローン減税として、控除額最大400万円、年収3,000万円以下、償還期間10年以上、住宅取得後6ヶ月以内に入居などがありますので、対象になるのか確認してください。

大阪市内に数多くの
モデルハウスを
持っている会社

「自分のイメージ通りの注文住宅を建てられるのか?」という不安を解決するためには、その会社がどのような家を建てているのかを実際に見て確かめてみるのが一番です。大阪市内にモデルハウスを多く構える会社を3社ピックアップしましたのでご参考にしてください。